まかせて安心!横浜のおすすめ不動産会社紹介サイト

一戸建てとマンションどちらが良い?

一戸建てとマンションのどちらが良いのか?
これは、住居購入を考えている非常に多くの方々が悩む問題です。

実際のところどちらにもメリット・デメリットがあり、購入される方の生活スタイルや資金、将来への展望によっても選択肢が変わってくるのが実情です。

一戸建てとマンションのメリット・デメリット

一戸建てとマンションのメリットとデメリット、それぞれを挙げて比較しています。

一戸建て

【メリット】

  • 自由に増築・改築、リフォームができる。
  • 管理費・共益費・修繕積立金・駐車場代等がかからない。
  • 庭を持つことができる。
  • 建物が老朽化しても土地が残るので資産価値がある。
  • マンションと比較し、プライバシーが保たれているため騒音等の近隣への気遣いが少ない。

【デメリット】

  • 都心では、駅の近くや商業地から離れた物件が多い。
  • 自衛での防犯が基本となるため、マンションと比べセキュリティが低い。
  • 将来的な修繕費を自分で貯めなければならない。
  • 資産運用したい場合、マンションと比較して買い手がつきにくい。
  • 庭や周辺のメンテナンスや管理をしなければならない。
  • マンションと立地や間取りが同条件の場合、土地代がある分高額になる。

マンション

【メリット】

  • 駅近など便利でアクセスが良い物件が多い。
  • エントランスでの不審者チェックや、出入り口が一箇所に制限されているためセキュリティが高い。
  • 修繕費を管理してもらっているので、突発的にかかる費用がない。
  • 早い段階での資産運用は、借り手・買い手がつきやすい。
  • 庭が無いので、管理する必要がない。
  • 一戸建てと立地や間取りが同条件の場合、土地がない分安く手に入る。

【デメリット】

  • 近隣への配慮が必要なため自由なリフォームがしにくい。増改築はかなり難しい。
  • 管理費・共益費・修繕積立金・駐車場代等がかかる。
  • 庭がもてない。
  • 老朽化した場合に資産価値が残らない。
  • 近隣部屋の物音が気になったり、騒音を出していないか周囲への気遣いが必要。

上記に挙げたものがすべてではないのですが、主だったものをピックアップしています。

ご覧のように、一戸建てにもマンションにもそれぞれ良い面悪い面があり、個々人によってそのニーズは違うと思います。将来的なライフプランを明確にし、無理の無い資金計画の範囲でできる、理想の住宅探しをしたいものですね。