まかせて安心!横浜のおすすめ不動産会社紹介サイト

不動産を購入するには保証会社に依頼する

不動産購入時に必要になる保証会社の審査について

不動産を購入するためには、保証会社を利用することになります。ここでは、保証会社の仕組みや利用するメリット、審査内容などについて紹介していきます。不動産を購入する際の参考にしてみてください。

そもそも保証会社ってなに?

住宅ローンは、人生の中でも大きなローンとなります。これを銀行などの金融機関で組む場合、保証会社に保証を依頼して融資をしてもらわなくてはなりません。

金融機関は、お金を融資する際、損をしないように返済が滞ると、そのリスクをローン保証会社に移します。

つまり、銀行などの金融機関とローン保証会社は対の関係ということを覚えておきましょう。

【利用するメリット】

銀行などの金融機関から融資をしてもらう場合、「保証人」と「担保」が必要となります。

しかし、保証人は、同一生計の人は不適格となる場合がほとんどです。親や親戚に保証人になってもらうことが可能なら、それもありかもしれません。

しかし、生計が別で住宅ローンを保証できるくらいの資産を持っている場合でも、長期間(住宅ローンの場合30~35年)に渡って保証人になってもらえるでしょうか?

実際、住宅ローンは保証人を探すのが難しいと言われています。そこで、費用を払い保証会社に保証してもらうのです。

不動産購入時の保証会社の審査に通りやすくなる方法

保証会社の審査で1番大切なことは、「この人は、返済を滞納しないかどうか」という点です。収入額の多さよりも滞納しないかどうかを基準にして審査していることが多いと言われています。

では、サラリーマンと個人事業主の場合で比較してみましょう。

  • サラリーマン:年収450万円
  • 個人事業主:年収1,200万円

この場合、保証会社の審査に通りやすいのは「サラリーマン」の方です。

審査では、信用性が大きく評価されます。

この場合、サラリーマンは会社に勤めているため、毎月の給料と年に2回のボーナスがあります。

審査では、「個人事業主より収入面が安定している」と判断されるので、滞納する可能性が低いと言えます。

 

個人事業主の場合は、「今は安心だけど、今後も安心」という保証がありません。

こういった面から考えて審査すると、サラリーマンの方が保証会社から信頼があると判断されるのです。

保証会社の審査に通りやすくするには、収入の安定している正社員となるのが近道なのです。

支払い費用は収入の1/4が理想

一般的に、不動産費用の返済額は、収入の30%であれば問題無いとされています。しかし、保証会社は返済額と収入の比率だけではなく、収入から所得税などの支払い費用を差し引きます。

これは、不動産費用の返済額を見越した上で、生活に必要なお金が残るかどうかを見て判断されます。そのため、収入に見合った返済額であれば、保証会社の審査が通りやすいのです。