まかせて安心!横浜のおすすめ不動産会社紹介サイト

住宅ローンのしくみを知りたい

住宅ローンとは、住居を購入するにあたり、金融機関等から資金を借りる住宅専用の融資のことです。

このページでは、住宅ローンのしくみや基礎的な知識をご紹介していますので、計画を立てたり、シミュレーションをする際にお役立ててできればと思います。

住宅ローンの基礎知識

安心して不動産物件を購入するためにも、正しく理解しましょう。

住宅ローンの種類

住宅ローンの種類には、「公的融資」「民間融資」の2つのタイプがあります。

公的融資では、住宅金融支援機構の融資、年金住宅融資、財形住宅融資、自治体融資等があり、低金利でお金を借りることが出来るメリットがある反面、審査が厳しい等のデメリットもあります。

民間融資の場合、都市銀行の他、地方銀行、信託銀行、信用金庫、農協、生命保険会社等、様々な金融機関が貸付をしています。公的融資が利用できない方でも融資が受けられる可能性が高いですが、公的融資に比べ金利が高くなる傾向があります。

返済方法

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」「元金均等返済」があります。

元利均等返済は、元金と利息の返済額の割合が一定なので、毎回の返済額が同じなため、突然の出費にも余裕を持って対応することができますが、元金均等返済に比べ、支払利息が多くなるデメリットがあります。

元金均等返済は、元金の返済額を毎回一定にするもので、元利均等返済よりも支払利息総額が少なくなりますが、借入額が大きいと、利息が多い分、返済額が大きくなってしまうので注意が必要です。

金利タイプ

住宅ローンには、大きく分けて 「固定金利型」「変動金利型」の2つがあります。

固定金利型とは、借入時の金利が、返済終了まで続くもので、将来的な金利上昇に不安がある方は、こちらをおすすめします。変動金利に対して、金利設定が若干ん高めの傾向です。

代表的なものでは、住宅金融支援機構のフラット35があります。 変動金利型は、一定期間ごとに金利が見直されるタイプのローンです。

ある程度資金に余裕があり、将来的な金利上昇の可能性にも耐えられると判断できる方に向いています。 固定金利と変動金利のメリットを生かしたミックスプランを扱う金融機関もあります。

返済比率

収入に対しての住宅ローン返済金額の割合です。

一般的に、返済額が収入の20%程度であれえば、大きな問題はないといえますが、25%を超えると、生活が脅かされる危険性が考えられるので、確実な返済能力がある場合でない限りはあまりおすすめできません。

専門家のアドバイスを活用

初めて住宅ローンを利用する際の大きな不安に対して的確なアドバイスをしてくれるのが、 ファイナンシャルプランナー(FP)住宅ローンアドバイザーです。

FPは、お金や家計に関するプロフェッショナルであり、中立的な立場で、現在の家計から将来的な生活不安の解消までを総体的に判断してくれる心強い存在です。

協会認定と国家資格がありますが、協会認定の方が歴史が古く、どちらかというと、協会認定の方に権威があるといわれてます。

FPに難点があるとすると、住宅だけでなく、お金に関してたくさんの分野の知識を網羅していることから、FPの全てが住宅ローンに詳しいわけではないということです。

住宅ローンに関する相談をする際には、その分野に詳しいFPかどうかを見極める必要があります。 住宅ローンアドバイザーとは、住宅ローンに特化した民間資格で、FPの簡易版のようなものになります。