まかせて安心!横浜のおすすめ不動産会社紹介サイト

不動産購入時の悩みポイントと解決方法

不動産の悩み

不動産は一生に一度の買い物と言われているため、誰しも購入時にはあれこれ迷ってしまうものです。

後に悔やんだりしないよう、悩みポイントをひとつひとつ解決し、納得した上で土地や物件を選ぶようにしましょう。

不動産購入で悩みの種になるポイントは全部で4つあります。

ポイント1.立地不動産購入で迷いやすい4つのポイントと解決方法

不動産の購入を検討する際、真っ先に悩むのがどこの土地・物件を購入するか?という問題です。

職場・学校から近い、アクセスがいい、日当たりの良い場所がいい、景観を重視したい・・・など、人によって重視する点はまちまちなので、家族の中でも意見が分かれてしまうことがあります。

それぞれの条件に合致する不動産が見つかれば問題ありませんが、多くの場合、あちらを立てればこちらが立たない・・・という状態に陥ってしまいがち。

解決方法

意見が分かれてなかなか決まらないときには、家族全員で「ここだけは譲れない」というポイントをまとめていくと良いでしょう。一人で複数の条件を提示するとまとまりがつかなくなるので、「一人一個」と決めて条件を絞れば、適当な不動産が見つかる確率も高くなります。

ポイント2.戸建てかマンションか不動産購入で迷いやすい4つのポイントと解決方法

新たに購入する物件には戸建てとマンションの2種類があります。

マンションは外装、内装、ルールなどが決まっている一方で、管理は管理会社に一任できます。戸建ては自由度が高い一方で、管理もすべて自分で行ないメンテナンスにはそれなりの手間ひまがかかります。

耐久性や利便性などの点でも様々な相違点があるため、マンションを買うべきか戸建てを購入するべきかで悩む人は多いでしょう。

解決方法

現在の暮らしで満足している点と、逆に不満に思っている点をピックアップしていくのが効果的です。利点も欠点も複数出てくると思いますが、一覧にしてみると自分たちがマンション向きなのか戸建て向きなのかトータルで判断できるようになります。

もちろん現状だけでなく、先々のことも考慮して選ぶと後悔するリスクをぐっと減らすことができるでしょう。

ポイント3.新築か中古か不動産購入で迷いやすい4つのポイントと解決方法

新築住宅と中古住宅

最近はリフォームやリノベーション技術の向上にともない、中古のマンションや住宅を購入する人が増えてきました。程度の良い中古物件の場合、手を入れる箇所も最小限で済むことから、新築を購入するよりも予算を大幅に減らせるのは大きなメリットです。

ただ、中古物件の場合、リフォームやリノベーションにも一定の制限があるので一から建設する新築物件に比べると自由度が低い傾向にあります。

費用の点から中古物件を選ぶか、内装や機能面で自由度の高い新築を選ぶべきか、迷う方も多いのではないでしょうか。

解決方法

不動産購入でどれだけの予算をかけられるかを計算すると良いでしょう。

予算の範囲内でできるだけ理想の外装、内装、機能を備えた物件を手に入れたいという人は新築物件を。とにかく費用を抑えたいという人は中古物件を細かにチェックし、品質・状態を確認するようにしましょう。

ポイント4.建売か注文か不動産購入で迷いやすい4つのポイントと解決方法

戸建てを購入する場合、すでに土地がついている建売住宅と、まっさらな土地を購入して新たに注文住宅を建てる方法の2パターンがあります。

建売の場合、土地と建物込みの価格で販売されているため予算が立てやすいこと、まとめて住宅ローンを組めることから購入・入居までスムーズに進みやすいというメリットがあります。ただ、間取りやデザインに制限があるため、こだわった住宅づくりは望めません。

一方、注文住宅はデザインから間取りまで自由に設計できるので、自分のニーズや要望に合った住まいを完成させることができます。ただ、そのぶん購入から入居までかなり時間がかかりますし、手間や費用も建売の比ではありません。

解決方法

一般的な設備・デザインで良いので費用を優先したいというのなら建売を。細部にまでこだわってオリジナルの住宅を作りたいというのであれば注文を選べば大きく後悔することはないでしょう。