まかせて安心!横浜のおすすめ不動産会社紹介サイト

横浜
にある
不動産会社の
人気ランキング
一戸建ての
おすすめ
マンションの
おすすめ
土地の
おすすめ
横浜の不動産会社案内板 » 住み心地抜群!エリア別生活しやすい地域・横浜 » 横浜市青葉区の不動産情報

横浜市青葉区の不動産情報

青葉区の特徴

横浜の北西に位置する青葉区は、1994年(平成6年)11月6日に港北区や緑区が再編されて誕生しました。西は東京都町田市に隣接しており、都内へのアクセスも良好です。青葉区は「丘の横浜」と呼ばれるほど丘陵が多く、区の中央を流れる鶴見川に沿ってのどかな田園風景が広がっているのが特徴です。 区内には市営地下鉄・東急田園都市線・東急こどもの国線の3線10駅があり、利便性の高いエリアです。

青葉区の人口は、2018年10月時点で30万9,626人。総世帯数は12万8,098世帯と、ともに市内で2番目に多いです。

東急田園都市線青葉台駅周辺は、商業施設や娯楽施設、公園などが集まっており、とても便利です。商業施設の一角にはフィリアホール(青葉区民文化センター)もあり、駅前は区民の憩いの場となっています。子どもからシニアまで幅広い世代の人々が生活しており、治安も比較的良好です。

たまプラーザ駅周辺は、駅ビルが発展しておりお買い物に便利です。東急百貨店もあります。さらに、駅周辺には保育園や幼稚園のみならず、塾や習い事教室も沢山あるので、子育てしやすい環境です。

青葉区の土地相場は?

2018年3月末時点で、青葉区の土地価格相場は約3,127万円(100平方メートル)。横浜市青葉区の地価は、東急田園都市線の鉄道網からの距離が近いほど高い傾向にあります。

青葉区の一戸建て情報

青葉区の一戸建てについて、間取り別で見た平均売り出し価格は以下の通りです。

  • 3DK以下…約5,475万
  • 3LDK~4DK…約5,136万円
  • 4LDK~5LDK…約5,367万円
  • 5LDK以上…約6,559万円

全体的に見ると一戸建ての相場は、約5,404万円です。

青葉区のマンション情報

青葉区のマンションの家賃相場(1LDK)は10.70万円。区内は、市営地下鉄・東急田園都市線・東急こどもの国線の3線10駅があり東京都に隣接しているので、アクセスの良さは抜群です。

自然が豊かで都内へのアクセスも良い!青葉区情報

青葉区は自然が豊かで交通の便が良いことから、東京都からの転入者や都内への通勤通学者も多い区です。街並みは整備されており、公園や大きな病院が多く住みやすい街。そのため、子育て世代が多く、とても活気があります。さらに、2018年4月の厚生労働省「平成27年市区町村別生命表」によると、青葉区の平均寿命は男性が全国1位(83.3歳)、女性が9位(88.5歳)。子どもからシニアまでイキイキと過ごせる、活気のある街です。

青葉区の主要駅

青葉区の主要駅は、青葉台駅、あざみ野駅、たまプラーザ駅です。中でもあざみ野駅は乗降客数が最も多い駅です。また、たまプラーザ駅は急行停車駅となっています。区役所の最寄り駅は、市が尾駅です。

エリア情報

青葉台一丁目、二丁目

緑豊かな公園が多く、子ども向けの施設も充実しているため、子育てしやすい環境です。駅前の交番では24時間体制で巡回しており、治安面も良好。住民の人柄も落ち着いていて上品だと評判です。しかし、人気エリアであるためか、朝夕の道路や鉄道はたいへん混雑しています。娯楽施設やレストランも少なく、遊びに行く時には少し遠出する必要があります。

あざみ野一丁目~四丁目

駅前のメインストリートには、色々な種類のレストランが充実しています。東急田園都市線に乗って渋谷などに1本で行けるアクセスの良いエリア。ベッドタウンとして人気なので公園は多いですが、娯楽施設は少なめです。

荏田町

大型スーパーが3つあり、さらにドラッグストアも充実しているので日常の買い物には困りません。駅前には、外食チェーンや書店、コンビニなどが集まっています。隣のあざみ野駅から地下鉄ブルーラインに乗り換えれば、東京・横浜方面にアクセスしやすいのも魅力。しかし、保育園・幼稚園、小児科は少なめ。坂が多く、ベビーカーで移動しづらいかもしれません。

荏田北一丁目~三丁目

マナーが良く上品なファミリー層が多く住んでいるエリア。治安が良く自然豊かなので、子育て世代が安心して暮らせます。地域の取り組みとしていたるところに花を植えているので、朗らかな気分で散歩できます。高級住宅街であるため、スーパーの値段は高めに設定されています。人気エリアで住民が多いので、朝夕の田園都市線は非常に混雑しています

荏子田一丁目~三丁目

あざみ野周辺には幼稚園の数がたくさんあり、子育てしやすい環境です。国道246号線にもアクセスしやすいので遠出するのに便利。道路が広く運転しやすいのも魅力です。しかし、映画館をはじめとするレジャー施設が少ないこと、バスの本数が少ないなど不便なところもあります。

市ヶ尾町

東急田園都市線に乗って都心にアクセスしやすいのがメリット。鷺沼駅で急行に乗り換えることができるので、とても便利です。近隣に大きな学校があるので、人によっては賑やかさが気になるかもしれません。

藤が丘一丁目、二丁目

ドラッグストアやコンビニ、パン屋さんなどのお店が充実しているので、日常の買い物に便利です。藤が丘駅の近くには自然豊かな公園があり、四季折々の花を楽しみながら散歩することもできます。しかし、娯楽施設や書店は少なめ。緩やかな坂道があるので、ベビーカーや自転車での移動が多い方は注意が必要です。街灯が少ないので、夜ひとり歩きをする時には少し怖いかもしれません。

柿の木台

青葉台駅や藤が丘駅行きのバスが定期的に走っているので、交通の便はそれほど悪くはありません。自然が多く、犬の散歩をしている人が多いエリア。全体的にのんびりとした雰囲気が漂っています。一方、ファストフード店やコンビニチェーンは少なめなので少し不便。娯楽施設も少ないため、遊ぶ時には隣の青葉台駅まで出る必要があります。

榎が丘

お洒落なカフェから大衆的な居酒屋チェーンまで、飲食店が充実しているエリア。住民の雰囲気も良く、平和で安全な環境です。ただし、若い世代が遊べるような娯楽施設は少なめです。

新石川一丁目~四丁目

保育園・幼稚園、塾・習い事教室がたくさんあり、子育て世代に優しいエリアです。駐車場つきの駅ビルには何でも揃っており、家族でお買い物が楽しめます。一方、街中の美容室やクリニック、カフェ等は駐車場がない店舗が多く、コインパーキングを利用しなければなりません。治安がよく閑静な住宅地ですが、坂道が多いのが難点。

奈良一丁目~五丁目

自然が豊かで、落ち着いた雰囲気の街です。住宅地の車通りは少なく、広い公園もたくさんあるため、子育てには最適。駅前には「こどもの国」という子ども向けレジャー施設もあるので、休日のお出かけスポットには困りません。のどかな反面、大型スーパーが少ない、通勤ラッシュ時以外の電車の本数が約20分に1本しかない、などの不便さもあります。

たちばな台一丁目、二丁目

夜遅くまでオープンしているリーズナブルな飲食店が多いエリアで、仕事帰りに飲みに行くのに便利です。治安が良く閑静な住宅地で、住人の人柄も良いと評判。しかし、介護施設や大型スーパーが少ないのがデメリットと言えるでしょう。

恩田町

JR・東急田園都市線・東急こどもの国線の3線が利用可能な、交通の便が良いエリア。自然が豊かで落ち着いた雰囲気なので、子育てしやすい環境です。デメリットは、飲食店が少ないこと。街灯が少なく細くて暗い道が多いため、夜のひとり歩きはしづらいかもしれません。