まかせて安心!横浜のおすすめ不動産会社紹介サイト

横浜
にある
不動産会社の
人気ランキング
一戸建ての
おすすめ
マンションの
おすすめ
土地の
おすすめ
横浜の不動産会社案内板 » 住み心地抜群!エリア別生活しやすい地域・横浜 » 横浜市瀬谷区の不動産情報

横浜市瀬谷区の不動産情報

瀬谷区の特徴

横浜市瀬谷区は神奈川県横浜市を構成している18の行政区の1つで、四季を感じることのできる区と言えます。ただし、横浜市内ではあるものの内陸部にあるため、冬には氷点下も出すほどで、夏暑く冬は寒いという気候になります。

瀬谷区の人口は、2019年2月時点で123,968人。総世帯数は56,011世帯となっています。

瀬谷区は相鉄本線のみの鉄道路線が走り、相鉄バスと神奈川中央交通・神奈川中央交通東の計2線のバスが運行しています。さらに歴史的な名所や美しい桜が見られるスポットが充実しており、水辺もよく整備されています。

なお、地名の由来は狭谷(せや)が有力とされており、「狭い川瀬の小谷がある土地」なので「瀬谷」になったと言われています。

瀬谷区の土地相場は?

2019年時点で、瀬谷区の土地価格相場は約2,860万円。横浜市瀬谷区の地価は、「中央」がもっとも高く、阿久和南がもっとも低くなっています。基本的にアクセスしやすいエリアほど土地の価値が高くなる傾向にあります。

瀬谷区の一戸建て情報

瀬谷区の一戸建てについて、間取り別で見た平均売り出し価格は以下の通りです。

  • 3DK以下…約3,288万
  • 3LDK~4DK…約3,582万円
  • 4LDK~5LDK…約4,060万円
  • 5LDK以上…約4,461万円

全体的に見ると一戸建ての相場は、約3,899万円です。

瀬谷区のマンション情報

瀬谷区のマンションの家賃相場(1LDK)は6.43万円。区内は相鉄本線のみの鉄道路線が通っているだけなので、公共交通機関を利用して目的地に移動する際は相鉄バスやタクシーなどを活用する必要があります。

歴史を感じられる街!瀬谷区情報

瀬谷区は非常に歴史が感じられる街として有名で、旧石器時代の遺跡が本郷・林の両遺跡、区内では50箇所を超える縄文時代の遺跡が確認されています。さらに弥生時代、古墳時代の遺跡も確認されているほか、奈良・平安時代以降の歴史が随所で感じられるエリアとなっています。また、区内の緑被率は35.9%で横浜市平均の31.0%を上回るなど(2004年時点)、横浜市内であるものの自然豊かな街としても有名です。

瀬谷区の主要駅

瀬谷区にある鉄道路線は相鉄本線のみとなっています。主要駅は「瀬谷」で真新しい商業施設が立ち並んでいるだけでなく、ホームも改修されキレイだと評判です。また、学生が多いことで知られる「三ツ境」も多くの市民で賑わっています。

エリア情報

瀬谷

瀬谷区の中央部に位置しているエリアで、小学校が3つと中学校が2つあります。施設としては横浜市立瀬谷地区センターをはじめ、瀬谷郵便局、医療法人社団聖仁会 横浜甦生病院があります。

宮沢

瀬谷区南東部に位置しているエリアです。平成11年と平成12年の町界町名地番整理事業によって宮沢町から新設された背景を持っています。なお土地柄から近くに鉄道駅がない「鉄道空白地帯」に属していることもあって、バスなどで相鉄本線「三ツ境駅」を利用する必要があります。

二ツ橋町

瀬谷区東部に位置しており、小学校・中学校がそれぞれ1つずつあります。公共施設が充実しているエリアとして有名で、横浜市瀬谷区役所をはじめ、瀬谷警察署、横浜市瀬谷消防署、 神奈川県立三ツ境養護学校、横浜市立二つ橋高等特別支援学校、オーケーストア、ウエルシア薬局などがあります。

三ツ境

瀬谷区東部に位置しているエリアです。瀬谷区の主要駅「三ツ境駅」が設けられているため、各地から多くの人で賑わうことでも有名。駅周辺は「三ツ境ライフ」をはじめ、「ダイエー」などの商業施設が立ち並び、南部は住宅地となっています。また、神奈川県道401号瀬谷柏尾線が通っている町としても有名です。

五貫目町

瀬谷区北部に位置にしており、近隣には国道246号や国道16号などの幹線道路があることでも有名です。また、かつては横浜インナーパークなどの工場関係の施設が多く建っていたものの、現在はマークスプリングスが完成したことによって、住宅地になっています。ただし、至るところで物流関係の倉庫を確認することができます。

目黒町

横浜市の最西端にあるエリアです。国道246号ではあまりにも有名な渋滞スポット「目黒交差点」があることでも知られており、近隣には国道246号や国道16号をはじめ、東名高速道路横浜町田IC、保土ヶ谷バイパス上川井ICなどが通っています。また、工場や運輸施設が立ち並んでいることでも有名です。

南瀬谷

瀬谷区の南部にあり、町北は住宅地、南は芝畑など農業の色を感じられるエリアです。小学校は2つ、中学校は1つあり、鉄道駅はないものの相模鉄道「三ツ境駅」「瀬谷駅」、相鉄いずみ野線「いずみ野駅」横浜市営地下鉄ブルーライン「立場駅」へアクセスするためのバスを利用するなどして対応することができます。

卸本町

瀬谷区北部に位置するエリアです。付近には読売新聞の印刷工場をはじめ、横浜総合卸センターなどあるだけでなく、商業施設が立ち並んでいます。さらに国道16号や大和バイパス、保土ヶ谷バイパス、東名道横浜町田I.Cなどが近くを通っていることでも有名です。