まかせて安心!横浜のおすすめ不動産会社紹介サイト

横浜の不動産会社あんしんカタログ

ここでは、わたしが実際にお世話になった横浜の不動産会社の特徴をそれぞれご紹介します。

不動産会社の営業スタイルや会員限定のサービスを見比べ、横浜の人気不動産会社をチェックし、理想の不動産会社を見つけましょう。

いろいろある不動産会社の営業スタイル

不動産会社を選ぶときに一番重要なのは、満足な物件に巡り合えるかどうかでしょう。不動産は一生を左右する大きな買い物ですから、妥協はしたくないですよね。

不動産会社には、それぞれ特徴があって、営業スタイルが少しずつ違います。積極的に物件を紹介してくれるところ、営業をしないスタンスのところ、購入後もFPコンサルティングをしてくれるところ…などなど。

ここでご紹介する口コミ情報やわたしの体験が、みなさんにピッタリの不動産会社を見つける手助けとなれれば幸いです。

不動産会社の会員限定サービスって?

ところで、インターネットで物件を紹介している不動産会社の場合、会員限定のサービスがあることがほとんどです。サービスの内容は各社さまざまですが、希望条件を登録すれば、それにマッチした新着物件をメールで教えてくれたり、マイページに表示してくれたり、一括検索ができたりします。

また多くの不動産会社では、会員登録をすることにより未公開物件の情報を閲覧できるようになります。横浜や川崎は特に未公開物件が多いので、本気で物件を探しているなら、ぜひ会員登録をしましょう。

ただし、未公開物件はオーナーの諸事情により広告掲載を制限している物件です。そのため会員登録の際には、その人が信頼できるかどうかを確かめるために不動産会社は詳しく事情を聞いてきますから、正しい情報を伝えるようにしてください。

安心物件選びのために「おとり物件」と「事故物件」の見分け方

魅力的な物件の中には「おとり物件」や「事故物件」が含まれているかもしれません。

ここでは、おとり物件や事故物件を見分けるためのポイントをご紹介します。

おとり物件は購入できない?!その見分け方

実際には購入できない物件であるにもかかわらず、販売中であるかのように装っている物件のことを「おとり物件」と呼びます

消費者庁が景品表示法に基づき制定している「不動産のおとり広告に関する表示」(※)によれば、おとり物件の定義は次のようなものです。

  1. 取引の申出に係る不動産が存在しないため、実際には取引することができない不動産についての表示(実在しない住所・地番を掲載した物件など)
  2. 取引の申出に係る不動産は存在するが、実際には取引の対象となり得ない不動産についての表示(売約済みの物件など)
  3. 取引の申出に係る不動産は存在するが、実際には取引する意思がない不動産についての表示(希望者に他の物件を勧めるなど当該物件の取引に応じない場合など)

参考:『不動産のおとり広告に関する表示』消費者庁

この法が制定されて以来、一時期と比べればおとり物件の数は減りました。

しかし不動産会社の競争が激化する昨今、集客手段としておとり物件は非常に強力なため、今でもインターネット上に存在しています。

【おとり物件の見分け方】

1.現地で待ち合わせての内見がNG

契約できない物件である以上現地に行かれては困るため、色々と理由を付けて来店させようとします。

実際に来店すると「数分前に申し込みが入ってしまって…」などと言い、「でもほかにも良い物件があります」と言って実際に募集中の物件の契約を勧めます。

2.近隣の相場と比較して安い

魅力的な物件があると思わせて来店させるのが目的ですから、諸条件が良いのに相場より安い物件がおとり物件の特徴の一つとなります。

3.「掘り出し物」にもかかわらず長期間掲載され続けている

良い物件はすぐに申し込みが入るのが普通です。

掘り出し物と呼べるような物件なのに長期間掲載されたままなら、おとり物件の可能性があるでしょう。長期間というのがどれくらいかは地域や物件の条件にもよりますが、半年以上であれば「長いな」と考えてよいでしょう。

事件が起きた事故物件とその見分け方

自殺や殺人などの事件が起きて物件内で人が亡くなった物件を「事故物件」と呼びます。

心霊現象に見舞われるのではないかなど、一般的にそのような場所に住むことには抵抗を感じる人が多いことから「心理的瑕疵物件」とも呼ばれることがあります。

事故物件に該当する売買物件においては、買主に事実を告知する義務があります。しかし、事故からどの程度の期間告知するかについては明確な基準がなく、各不動産会社のさじ加減であるところも事実です。

告知する期間は、事故が大規模であればあるほど長くなる傾向にあります。

近年日本では年間約3万件の事故物件が生まれているとされており、決して他人事ではないのが事実です。

【事故物件の見分け方】

1.「告知事項あり」の表示がある

広告の備考欄などにこのような表示がある場合は、事故物件の可能性が高いです。他の表現では「重要告知事項あり」「心理的瑕疵あり」などと表示されることもあります。

買い手がつかないことを恐れてこの表示をしない業者もおり、表示があるということは良心的な不動産会社であることの証拠ともなります。

2.相場とかけ離れて安い

物件の条件や相場と比べて、相場の半額近いなど著しく安い場合には事故物件の可能性が高いでしょう。

慎重に物件探しをすることで、囮物件や事故物件を回避しやすくなるでしょう。

おとり物件につられて時間を無駄にしてしまったり、事故物件で怖い目に遭ってしまうことがないよう、信頼できる不動産会社で物件探しをしましょう。

さまざまな不動産会社をピックアップ!

充実したサポートが魅力的な「ホームタウンよこはま」

国家資格2級以上を持つコンサルティングマネージャーが不動産購入やその後のお金の問題を手厚くサポートしてくれます。

売却を考えるなら「東急リバブル」

売却サポートが手厚く、短期間での売却を目指しています。料金は売却が成功した時にだけ支払う成功報酬型なので、安心して依頼できます。

オリジナルの物件が多数の「リスト」

リストには新築分譲マンションや新築一戸建てのオリジナル物件が豊富に揃っています。安心安全でエコ、それでいて快適な空間を提供してくれます。

少ない予算でもOKな中古物件が揃う「大和住販」

大和住販には、少ない予算でも購入できる中古物件が豊富に揃っています。サイトに掲載されている以外にも未公開物件が多数ありますので、直接店舗に足を運んでみることをおすすめします。

ユーザー目線の物件紹介で探しやすい「日立ホーム」

日立ホームはユーザー目線で物件を探しやすいのが特徴です。サイトでは人気の条件から検索することもでき、似ている物件をサジェストしてくれます。家計診断サービスといったものもあるので、利用してみるのも良いでしょう。

物件の写真が豊富な「朝日土地建物」

サイトに掲載されている物件は写真が豊富です。営業担当が実際に目で見た物件を紹介してくれるので安心できます。また、売却にも強く、的確な査定額を算出してくれます。

広範囲の物件を検索できる「シティネット」

横浜だけでなく、川崎、城東、千葉にまで物件を持つシティネット。マンションや一戸建てだけでなく土地や注文住宅の売買も行っており、さまざまなニーズに対応できます。

人気沿線の物件が多数の「横浜住販」

JR線やブルーラインなど人気の沿線の物件が多く、横浜だけでなく神奈川の多数の物件から選ぶことができます。

安心安全の家づくりを提供する「ナイスの仲介」

ナイスは木材や建材の販売会社でもあり、その規模は国内でも最大手。安心安全な住まいを提供してくれます。

条件を細かく指定して検索できる「アース住販」

公式サイトで非常に細かい条件を指定して検索することができます。自分の条件にぴったりの物件が見つかったら、店舗に問い合わせてみましょう。

売却に強い「住友不動産販売」

全国規模なので売却先をすぐに見つけることができます。売却プランも豊富で、営業担当が提案してくれるのも初心者には嬉しいですね。

自社物件が高評価の「ベンハウス」

年間100棟の分譲住宅を建築しているので、高い技術と信頼があります。家族のライフスタイルに合わせた家を建てたい方におすすめです。

不動産知識が豊富な「アイ建設」

新築から中古物件まで、不動産の知識が豊富です。なんでも相談することができるので、頼りになること間違いなしです。

住み替えサポートが充実している「三井のリハウス」

物件の売買、賃貸、リフォームなどの住み替えサポートが充実しています。地域密着型で本当に必要な情報まで網羅しているのも魅力的です。

良心的なサービスが人気の「横浜スタイル」

低価格で物件の売買を行うことができます。営業担当と決算担当がおり、それぞれの知識に特化した専門家に相談できるのも特徴です。

不動産の相談なら「ハウスポート湘南」

不動産の基本的な知識からローン、資金計画などを無料で相談できます。ファイナンシャルプランナーが個別で相談を聞いてくれ、不動産に関するあらゆる悩みを解消できます。

2万件以上の物件を持つ「テル・コーポレーション」

新築・中古合わせて2万件以上の物件を持っているので、条件に合う物件を見つけることができるでしょう。リーズナブルな新築物件も多数あります。

安心価格での売買が可能な「スミタイ」

中間マージンの排除を行い、安く買って高く売ることができます。リフォームやリノベーションにも力を入れており、気軽に相談することができます。

地域密着スタイルが人気の「オープンハウス」

神奈川県に5店舗を構えるオープンハウスです。地域密着型の営業スタイルで、質のいい物件を多数持っています。